やすむ

  • 2019.02.08 Friday
  • 23:22

 

この前昔よくおばあちゃんが連れて行ってくれた

中華料理屋さんに思い立って行った。

 

確かそのお店は真ん中のフロアを

囲むように席が配置されていて、

中央には薄いプールがあって、

そこに魚が泳いでいた。

背の低かった頃に何度も覗こうとして

他の人の席の間から覗こうと近づくんだけど、

なんだか他の人が他の人のオーラが強くて

チラッとしか見れなかった。

それでも「魚すくないな」と思ったのは覚えていて

今の背だと何もしなくても見えたんだけど、

魚、数匹泳いでるだけだな。と思った。

 

店内は仲良さそうな老夫婦が多くて

「この前の絵画教室の課題が難しかった」とか

大事そうにざっくりした話をしている。

 

ひとりで行っても良い歳になってしまったんだな。

 

久しぶりに食べるここの店の味は

まあ、美味しくて

最初少し物足りなくなる塩気で

だから二口目には旨味が増してきて

だから最後の杏仁豆腐に到達した時に

ほぅ、と溜息が出た。

口に当たる面積まで考えるなんて

私の人生には到達し得ないなと思う。

 

あの厨房で一ミリの正方形のみじん切りの

ネギを切っている時の集中力

今日分の量を達成した時の達成感が、私も欲しいな。

と思う。

 

帰りに近くの本屋さんで目に入った一冊を買いに行って

近くの喫茶店で飽きるまで読んだ。

終始少し上から目線に感じる話し方で

なんだかな、と思ったけど、読み終わると達成感。

良いものを手にいれた時のジーンとする感じ。

見えないものを買えた。嬉しい。

 

2019/2/08 日記

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM