音楽と生活の地図

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 15:18

 

私たちは生きています。

 

どこかへ出かけた時に

必ず帰る場所は家。

 

毎日出発して、

暗くなったら帰る。

空から見たら生き物は

あくせく往復を繰り返している、と

考えると可愛いなと思います。

そして、たまに往復の中で見つけた

気持ちや、考え、物を

家に印として残していける事は

「豊かだな」と思います。

それが「生活」ともいうのだとも思う。

 

私は旅が多いですが

旅先で心がけているのは

その豊かさを少しでも垣間見る事。

 

海のそば、都心、街の中

人それぞれにそれぞれの生活。

一人一人の家

それがあつまった

街全体にも大きく見るとその街らしさがある。

住んでいる人がその土地を

好きであるほど街は色濃く豊かで

闖入者の私は

豊かさをうまく吸い込めた時

もっといい歌が歌えるような気がします。

(なければないで面白いけど)

 

歌う日は長く家を空けるので

私の部屋の時は止まってる。

けど、帰ると少しづつ家の配置を変えたり

部屋が少しだけ、他の街の思い出を纏っている。

それも私の心の支えになっています。

 

何と言っても

私は私の街が好きです。

時を経て一旦出ないといけなくなっても

戻ってきたいなと思うくらいには好き。

ぱっと見ではわからない所ばかりですが。

 

今回は原点回帰という事で

地元の近くでワンマン、ツーマンライブをしています。

(会場から電車で10分くらいの所です)

派手な街では決してないですが

「街の豊かさを吸う」をもしよければ体感して欲しくて、

でも、一人一人に説明ができないので

今回のために地図を作ってもらいました。

 

作ってくれたのは鬼の才能

takaramahaya君。ありがとう!

彼と数日間街を一緒に探検してもらって街を回りました。

(2/11にも東京で共演します、完売御礼ありがとう)


 

私の住んでいる街は大阪と京都のちょうど

境、2つ作ってもらいました。

かっこいいので、ゆくゆくグッズにしたい気持ち!

 

山崎編(京都府京都市)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水無瀬編(大阪府三島郡)

 

音楽は非日常だけれども

「生活の上に音楽が鳴っている」それも確か。
ライブハウスのそばにも住んでいる人がいるし、

ライブハウス自体も家のようなものですね。

 

そこにいろんな人が来るから

奇跡が起きるんだね、

と自覚して歌います。

日常を意識した上に非日常があるなんて

「生きてる〜!!」って思うな

 

 

私がこっそり歌詞にしている道とか

バブバブのころから通っていたYAMAHAとか

そういうのとかあります。

 

へへ

自己満足の地図ではありますが

あなたの豊かさに少しでもつながればこれ幸いです。

(地元長谷川書店の閉店後に押しかけて始発まで録音してみて

2nd single「GATAGOTO SONG NIGHT SONG」を作って

テンションがめっちゃ上がっている私、店長のネンさんは一番右!)

 

 

2018年1月23日 お昼 中村佳穂より

 

※今晩、私なりに書き込んだ地図を

ネットプリントできるようにアップしようと思います。

今回来れない人もぜひ気にしてみてください。

あと26日、27日当日にも配布予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

recent comment

to

hon

SHITU MON

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM